タイキの大学生活

20歳理系大学生が当ブログを運営しています!大学生に向けた記事やはてなブログのノウハウ記事を書いています!

大学生に教える就活準備でやるべきことまとめ|これだけはやれ!絶対に後悔しない就活にするには

大学生に教える就活準備でやるべきことまとめ

就職活動を始めるけど何を準備しておけばいいの?

就活の勝手というものがわからないで不安

 

こんな疑問や不安を解決していきます。

 

この記事は、現役大学生の僕が、就活の準備で本当によかったことをまとめています。ぜひ、最後まで読んでいってください。

 

1.自己分析をする

就活準備 自己分析

就職の準備を始めるにあたって「自己分析」はもっとも重要だといっても過言ではありません。

 

「自分が仕事に何を優先したいのか」「これからどのように生きたいのか」など自分について知ることで、就職の際たくさんの企業の中から選びやすくなってきます。

 

自己分析を行うためには、自分を客観視して他人の意見や視線を意識せず、自分の気持ちに素直になって行うことが大切です。

自己分析ツールを使おう

自己分析といっても、何をやればいいのか分からない人も多いと思います。

そんな人には、無料で使える自己分析ツール「キミスカ適性診断」「dodaキャンパス」を同時利用することがおすすめですよ。

この2つ合わせてプロフィール登録しておくと、プロフィールと診断結果を見た企業からスカウトもくるので一石二鳥ですよ。

2.迷わず就活エージェントを使おう

就活準備 就活エージェント

就活エージェントは、専任のキャリアコンサルタントが就職活動の始めから終わりまでを無料で支援してくれるサービスです。

 

「ESの上手い書き方がわからない」「内定獲得後どうすればよいのか」などの就活の悩みをキャリアコンサルタントが面談やメールなどでアドバイスを行ってくれるのです。

 

面談やメールのやり取りがあると、少し敷居が高いと感じる就活生も多いと思いますが、就活生の5分の1ほど利用しているらしいので、躊躇せずに始められると思います。 

 

僕がおすすめな就活エージェントは、オンラインでもサポートしてくれる「キャリアチケット」です。

 

3.スカウト型就活サイトを使う

f:id:kumakatyou29:20210224230650p:plain

スカウト型就活サイトとは、簡単なプロフィールを入力するだけで有名な大企業からニッチな中小企業などの採用担当者からスカウト(アプローチ)来るサイトです。

 

企業からスカウトが来るという仕組みなので一般的な就活とは違い自信にもつながやすく、自分が求められる企業や業界を知ることができます。

 

僕は、何の経歴もなく自信がありませんでしたが、スカウト型就活サイトに登録してみて、さまざまな企業からアプローチが届くので自信につながってとても良かったです。

 

僕が登録しているスカウト型就活サイトの中でも「キミスカ」と「dodaキャンパス」はとても使いやすくて良かったですよ。

 

4.会社説明会に行く

就活準備 会社説明会

会社説明会は、1社のみによる単独説明会と複数の企業が集まる合同説明会の2つに分かれます。

 

単独説明会は、1社に対してより深く知ることができ、その会社の人物や会社の印象を肌で感じることができます。


また、合同説明会の主催は、主に民間企業や公共団体が多く、より幅広い業界の企業を実際に働いている人を感じながら、知ることができるので視野を広げることができます。

 

就活生の4分の1が使っている会社説明会「MeetsCompany」は、参加してみて良かったのでぜひ一度エントリーしてみてください。

 

5.肌の手入れしておく

大学生の春休みは肌の手入れ

「肌の手入れ」は、一見、重要度が低いように思えますが、就活を左右するといってもいいほど重要です。

 

なぜなら、体型や肌は、その人の生活習慣が愚直に表れている部分で、就活の面接のとき、人事担当がもっとも注目しています。

 

なので、肌の手入れは就職活動をする上でかなり重要なので就職活動を始めるにあたってやっておきましょう。

 

僕がおすすめの肌の手入れは無印良品の化粧水と乳液です。

 

特に、無印良品の化粧水や乳液は敏感肌用などがあるので肌に合わせて手入れができるのでおすすめです。

 

 就職準備まとめ

✓就職活動準備まとめ

・自己分析をする
・迷わず就活エージェントを使う
・スカウト型就活サイトを使う
・会社説明会に行く
・肌をきれいにする

 

今回の記事では、就活の準備としてこの5つ取り上げました。

 

この5つ以外にも、僕が実際に現在進行形で就活でやっていることもあるので、随時報告していこうと思います。