【2021年最新】大学生のプログラミング入門者にオススメの勉強法とプログラミングスクール

大学生プログラミング勉強方法

 

大学生のうちにプログラミングを学んでおいたほうがいいの?

大学生がプログラミングを学ぶメリットって何?

 

このような疑問を解決していこうと思います。

 

この記事を書いている人

タイキ(@Taiki_blog
20歳の理系現役大学生、ブログ歴2年、現在ブログ収入だけで生活
大学生に向けてバイトや一人暮らしについてなどの記事を随時投稿しています。

大学生がプログラミングを学ぶメリット

就職で有利になる

コロナの影響で、大学生の就職内定率がリーマンショック以降最低になり不安になっていると思います。

 

このように就職に不安を抱えている学生は、プログラミングを勉強することで就職で有利になります。

 

コロナ禍の現在も、ITエンジニア不足は深刻で、ITスキルをもっている学生は企業が奪い合うほど売り手市場なので、就活を有利に進めることができるでしょう。

プログラミングは稼げる

プログラミングを使うインターンは、大学生にしてはかなり高時給で働くことができます。

 

「01intern」などのプログラミングインターンでは、時給1500円~働けるところも多くあり、業務に慣れ、ある程度スキルが身につくと、オンラインで仕事することもできるそうです。

 

また、学生フリーランスとして、大学に行きながらでも月10万円稼いでいる大学生も多くいます。

 

 IT職の給料は比較的高いので、プログラミングを学んでおくとお得ですよ。

社会人になると勉強する時間ない

プログラミングで自力で稼げるようになるまでには約600時間必要になります。

 

毎日3時間勉強したとしても200日ほどかかり、社会人にしては毎日そこまで時間を割くことはかなり難易度が高いです。

 

駄々でさえ、プログラミングを習得するのは難しいのに、社会人をしながらプログラミングをイチから学ぶのは、不可能に近いです。

 

つまり、比較的時間がある大学生の間がプログラミングを勉強する最後のチャンスなのです。

大学生におすすめのプログラミング勉強法

プログラミングスクール

大学生 プログラミングスクール

プログラミングをどのくらい勉強してどのくらいできるようになれば就職やフリーランスとして使えるレベルなのか分からない人も多いと思います。

 

そんな人は、絶対にプログラミングスクールがおすすめです。

 

プログラミングスクールは、最短で就職やフリーランスとして使えるレベルまでの勉強ができるため、大学生にはおすすめです。

 

ちなみに、大学生の僕もプログラミングスクールに通って勉強しました。

大学生におすすめのプログラミングスクール

1位:CodeCamp
→無料体験アリ、オンライン完結、Webマスターコースあり
2位:Tech Academy
→無料体験アリ、学割アリ、オンライン完結、
3位:TECH I.S
→オンライン完結、Web系、就職サポートアリ

 

まずは、オンライン完結なので無料体験だけでも試してみてください。

通信講座

大学生プログラミング 通信講座

大学生には、通信講座もかなりおすすめです。

 

通信講座は、プログラミングスクールより高いし、多少時間にも余裕がある大学生はゆっくり自分のペースで学ぶことができるのでおすすめです。

 

通信講座は、書籍と比べて映像なのでわかりやすく、アップデートが多いプログラミング言語でもすぐに対応しているのでわかりやすいです。

 

大学生におすすめの通信講座

1位:Udemy
→さまざまな言語の通信講座が豊富
2位:ユーキャン
→Web系の通信講座、大手なので安心、通信講座のプロ集団
3位:Progate
→月1000円と格安、基礎レベルを学ぶならコレ

 

ちなみに、僕のおすすめはUdemyの「ウェブ開発入門完全攻略コース 」です。

インターン

プログラミングを扱うインターンは、あらかじめプログラミングがバリバリできないといけないと思っている人も多いと思います。

 

しかし、下の写真のように、プログラミング未経験でこれから学びたい大学生や学んだけどより上達したい大学生などを募集しているインターンもあります。

プログラミング インターン 大学生

 

お金を稼ぎながら学ぶことができるので、お金の心配もなくより実践的に学ぶことができるのでおすすめです。

大学生が独学でプログラミングできるようになるのか?

プログラミングをどの程度習得するかによりますが、独学でサービス開発が可能になったり、実務でも通用するスキルにするのは独学では非常に厳しいです。

 

そもそも、プログラミングに明確なゴールがないことから、独学で勉強しようとすると9割以上の人が挫折してしまいます。

 

なので、お金をかけてでも最短で勉強することができるプログラミングスクールなどを使って勉強することをおすすめします。

 

学生のうちに、プログラミングを効率よく学んで、フリーランスでお金を効率よく回収するのがもっとも賢い方法だと思います。

大学生でプログラミングで稼ぐ方法

クラウドソーシングを使って稼ぐ

大学生 クラウドソーシングで稼ぐ

プログラミングで稼ぐなら、クラウドソーシングがもっともスタンダードになってきます。

 

クラウドソーシングでは、コーディングやデザイン、メンテナンスなど数千円から十数万円まで稼ぐことができ、慣れてくると大学生でも月に10万円以上は簡単に稼げるようになります。

 

また、実績が付いてくると、Twitterなどで募集をかけ仕事をとってきて、仲介を挟まずより高単価で副業をしている人もいるそうです。

 

おすすめのクラウドソーシング

クラウドワークス
→初心者向けなものや色々な種類の案件が豊富
ココナラ
→自分から案件を売り出せるので、気持ちがラク
ランサーズ
→大手からベンチャーまで発注元が多い、高単価 

 インターン・バイトで稼ぐ

大学生 インターン・バイトで稼ぐ

大学生なら、インターンやバイトなどもおすすめです。

 

インターンやバイトでは、クラウドソーシングなどの成果物でお金をもらうシステムとは違って、時給でお金をもらうことができるのがメリットです。

 

また、インターンやバイトはクラウドソーシングとは違い、学びながら仕事をする意識が強いので自信がない人でも気軽に稼ぐことができます。

 

ある程度、プログラミングの勉強が終わったら、すぐにお金を稼ぎ始めましょう。

 

おすすめのインターンやバイト

01Intern
→高単価なものが多い、未経験OK案件アリ
キャリアバイト
→高単価なものが多い、Webマーケや営業系が多い
タウンワーク
→とにかく大手で安心